Main Page

From Imoodle
Jump to: navigation, search

映画やビデオは、少しだけ注意を外して映し出されることから利益を得ることができます。反対側のビジネスデモは、テキスト、グラフ、統計などのコンテンツで構成されています。可能な限りシャープにする必要があるため、誰でも簡単に閲覧できます。正確に補正されたプロジェクターの集中を使用することも、鮮明な画像を実現するための同様に重要な部分ですが、これらは確かに、このレンズの清潔度からプロジェクターの設定方法に至るまで、画質にさらに影響を与える可能性のある多くの異なる要素です。



一つを測定
レンズを洗ってください。汚れの指紋やしみの汚れは、穏やかな通路を印象づけるだけなので、画像への刺激が含まれます。マイクロファイバーファブリックを使用してレンズを完全に洗い流すのに最適な方法については、プロジェクタープロデューサーのガイドラインに従う必要がありますが、通常、レンズを洗浄する最も安全な方法です。

2を測定
プロジェクターの注意を修正して、それが可能な限り雄弁になるようにします。 iochow 。次に、注意を向け始める前に、少しだけひねり続けます。完璧な注目を見つけるために、それを別の方法で少し元に戻します。これにより、最高の雰囲気を簡単に発見できます。プロジェクターはさまざまな領域に注意ノブを設定しますが、それらの多くはプロジェクターの周りに刻み付きのリングを備えており、レンズを強調したい場合は回転させることができます。

対策3
ビデオまたはコンピューター機器の出力を独自のプロジェクターのネイティブ解像度に配置するだけで、最適な解像度を独自のプロジェクターに送信できます。たとえば、ワイド拡張グラフィックアダプター(WXGA)の解像度が1280ピクセルで高さが800ピクセルのワイドスクリーンプロジェクターを使用する場合は、ノートブックのビデオカードをこの解像度に配置します。これにより、プロジェクターが画像のスケーリングや解像度の破棄を回避できます。

対策4
投影画面のサイズを大きくします。あなたが写真をたくさん吹き飛ばした場合、それはぼやけてしまいます。画像を縮小すると、画像がより大きく、より大きくなり、追加のボーナスとなり、さらに明るくなります。

対策5
プロジェクターのレンズの「スイートスポット」を活用してください。多くのセルにはズームの目的があり、プロジェクターを動かさなくても画像の寸法を変更できます。ズーム作業を利用して、モニターのさまざまなスペースにあるすべてのプロジェクターを使用して、正確にまったく同じ測定画像を自動的に正確に一緒に試すこともできます。平均して、プロジェクターをモニターに近づけて、ズームの雰囲気を減らすのが賢明です。まだあなたのプロジェクターが異なる場合があります。

方策6
達成可能なように、プロジェクターをモニターに合わせて平らにして正方形にしてください。プロジェクターを傾け、電子台形補正を利用して台形ではなくグラフィックの四角形を取得する場合は、解像度を下げます。同じ点で、プロジェクターにレンズシフト操作が付属している場合は、中心から外して画像を正しく中央に変更するだけで、使用しない傾向があります。レンズシフト作業でさえ、プロジェクターの光源に続いて体の中心から外に移動し、このレンズの境界全体に照明を送ります。ほとんどのレンズは真ん中に独自の鋭い光学系を持っているので、レンズシフト作業を採用すると、最終的に画像がくっきりと生成されます。